本文へスキップ

頭血腫 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > 頭血腫

頭血腫

頭血腫について

頭血腫とは、出産のときに赤ちゃんの頭が狭い産道で圧迫されることでできたこぶで、頭蓋骨とそれを包んでいる骨膜の間に血液が溜まったものです。100人に1人くらいの割合でみられるようです。病気ではないので、脳などに影響を及ぼす心配はありません。

頭のこぶは、初めのうちは触るとブヨブヨして柔らかく、1〜2ヶ月すると硬くなります。然に小さくなっていき、ほとんどは数ヶ月で消えていきます。1歳くらいまで残ることもあります。

以前は、溜まっている血液を注射器で吸い取る処置をしていましたが、細菌感染を起こす心配があるので、現在は自然に消えるのを待つのが最善の方法とされています。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク