本文へスキップ

頭蓋内出血 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > 頭蓋内出血

頭蓋内出血

頭蓋内出血について

頭蓋内出血とは、赤ちゃんの脳内の血管が破れることで出血するものです。赤ちゃんの脳は血流が豊富であるのに血管は未熟で、血液凝固機能も未熟なので出血が起こりやすくなっています。未熟児ほどその傾向は強くなります。

成熟児の場合は、難産で産道にいる時間が長く、脳に外力が加わり、脳の表面に近い硬膜下、硬膜外などに出血が起こることが多いようです。

未熟児の場合は、出産時に脳が低酸素状態になったために脳室上衣下や脳室内で出血が起こることがが多いようです。

症状は、機嫌が悪くぐったりする、呼吸が不規則、甲高い声でなく、手足が紫色になる、大泉門という骨のつなぎ目が腫れる、けいれんや手足の硬直が起こるなどがあります。

治療は、血腫が小さい場合は、自然に吸収されることが多いので様子をみます。血腫が大きい場合は、血腫を取り除きます。後遺症が残る場合もあります。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク