本文へスキップ

新生児メレナ 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > 新生児メレナ

新生児メレナ

新生児メレナについて

新生児メレナとは、赤ちゃんの吐いたものや大便に血液が混じって出てくるものです。原因には、胃や腸などの消化器官から出血したり、ビタミンKの不足により血液を凝固する仕組みが未熟なために起こるものです。

赤ちゃんは、もともとビタミンKを自分の体内で作ることができないので母乳から摂取します。飲む量が少なかったりするとビタミンKが不足します。

症状は、赤ちゃんが吐いたものに黒っぽい血が混じっていたり、大便が黒っぽいタール状のものだったりします。

現在は予防のために、生後すぐの赤ちゃんにビタミンKを投与するようになっているので、新生児メレナはかなり減少しています。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク