本文へスキップ

染色体異常とは

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > 染色体異常

染色体異常

染色体異常について

染色体異常とは、染色体の構造異常のことです。染色体の数に異常がある場合と、染色体の一部に構造的な異常がある場合があります。

人間の場合には、23対46本の染色体があり、異常のある染色体によって、現れる症状は違ってきます。

染色体は、通常は2本で対をなしていますが、1本になるものをモノソミー、3本になるものをトリソミー、4本になるものをテトラソミー、5本になるものをペンタソミーといいます。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク