本文へスキップ

クラインフェルター症候群 特徴

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > クラインフェルター症候群

クラインフェルター症候群

クラインフェルター症候群について

クラインフェルター症候群とは、染色体異常のひとつで、男性の約1000人に1人の割合で発生するといわれています。正常な男性の性染色体は、XYの2本になるはずですが、X染色体が1本多いことによって発生する症候群のことです。

クラインフェルター症候群は、身長が高く手足が長いなどの身体的特徴があります。また、無精子症を起こしたり、乳腺の発達がみられたり、乳がんの発生リスクが高くなります。

治療には、男性ホルモン補充療法などが行われるようです。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク