本文へスキップ

フェニルケトン尿症 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > フェニルケトン尿症

フェニルケトン尿症

フェニルケトン尿症について

フェニルケトン尿症とは、フェニルアラニンという必須アミノ酸の一種を代謝するために必要な酵素が欠けているために、体内に溜まりすぎてしまう病気です。

症状は、生後2〜3ヶ月頃から髪の毛や皮膚の色が薄くなります。湿疹やけいれんなどもみられることもあり、特有の汗や尿の臭いがあります。

発見が遅れると知的障害が残る心配があります。早期発見により、フェニルアラニンを除去した特殊なミルクに切り替えて治療することで予防することができます。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク