本文へスキップ

分娩麻痺 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > 分娩麻痺

分娩麻痺

分娩麻痺について

分娩麻痺とは、出産のときに引き伸ばされたり、ねじれたりすることで神経が損傷するため起こるものです。4000g以上の大きな赤ちゃんに発生しやすいようです。

症状は、腕の神経麻痺が多く、肩や肘が動かなかたったり、指が動かなくなったり、肩、肘、指の全てが動かない場合もあります。

また、横隔膜の神経が麻痺した場合は呼吸困難になったり、顔面の神経が麻痺した場合は片目が閉じないなどの症状があらわれることもあります。

自然に治ることもありますが、治療にはリハビリテーションを行ったり、神経が断裂している場合は手術を行う必要もあります。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク