本文へスキップ

乳幼児突然死症候群 SIDS 原因

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > 乳幼児突然死症候群

乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群(SIDS)について

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、健康で元気だった赤ちゃんが、何の予兆もなく突然死亡してしまうものです。生後1〜6ヶ月の赤ちゃんに多くみられます。

SIDSの原因は不明で、いくつかの仮説があります。SIDSがうつぶせ寝で育てられている赤ちゃんに多いことや、うつぶせ寝を減らすことで突然死が減少していることから、うつぶせ寝が原因ではないかという説があります。

赤ちゃんが寝返りをうてるようになる生後6ヶ月以前は、うつぶせ寝を避けるようにし、周囲に枕やクッション、ぬいぐるみ、柔らかい布団などの窒息の原因になるような物を置かないように注意することが大切です。

お母さんの妊娠中の喫煙も突然死のリスクを高めるといわれます。また、赤ちゃんの周囲で喫煙をしないように注意することも大切です。

確実な予防策はありませんが、危険因子を少しでも取り除いていくことが、SIDSの予防につながると思います。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク