本文へスキップ

ヒルシュスプルング病とは

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 新生児の病気 > ヒルシュスプルング病

ヒルシュスプルング病

ヒルシュスプルング病について

ヒルシュスプルング病とは、大腸の動きをコントロールする腸管内神経節細胞が、先天的に一部分が欠如しているために、慢性の便秘になり大腸が拡張する病気です。

悪臭のある下痢をしたり、嘔吐する場合もあり、排便・排ガスが出来ないために腹部が張り出してきたりします。約5000人に1人の割合で発生します。

治療は、人工肛門をつけて体重が6kg以上になったら、神経節細胞のない部分の腸を切除する手術をおこないます。手術後に排便トレーニングをして排泄できるようになります。

スポンサードリンク


関連項目







当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク