本文へスキップ

骨 関節 病気

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 病気の種類 > 骨・関節の病気

骨・関節の病気

骨・関節の病気について

骨には、保護作用、支持作用、貯蔵作用などの働きがあります。

保護作用とは、頭蓋骨により柔らかくて衝撃に弱い脳を保護したり、かごのような形をした肋骨により胸部に衝撃を受けても、直接心臓や肺に影響を及ぼさないように保護しています。

支持作用とは、背骨が首から腰まで小さな骨が連なった構造により、大黒柱として身体を支えているように、それぞれの部位に適した形や大きさ、組み合わせにより体の構造を支えていることです。

貯蔵作用とは、体内のカルシウムを貯蔵する働きのことです。体内のカルシウムの99%が骨と歯に蓄えられています。残りの1%は血液中や筋肉などに含まれています。

ここでは、骨・関節に関するいろいろな病気を紹介させて頂きたいと思います。病気の早期発見・早期治療のお役に立てて頂ければと思います。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク