本文へスキップ

インフルエンザ 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > よくかかる病気 > インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザについて

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが原因の急性感染症です。毎年11月〜4月くらいの間に流行します。流行のピークは通常1月下旬〜2月初旬頃になります。

インフルエンザウイルスには、大きく分けてA型、B型、C型の3つがあります。普通の風邪ウイルスに比べて感染力が強く、大流行する年もあります。主に流行するのはA型とB型です。

症状は、38度以上の発熱があり、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が強くあらわれます。のどの痛み、鼻汁などの普通の風邪症状もみられます。

治療は、発症後48時間以内であれば、抗ウイルス薬で症状を軽減することができます。肺炎などの二次感染が起こった場合には、抗生物質による治療を行います。

また、安静にしておくことが大切です。加湿・保温した部屋で体を休めて、十分な睡眠をとり、水分も十分に補給するようにします。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク