本文へスキップ

子供 下痢 対処法

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > よくかかる病気 > 下痢

下痢

子供の下痢の対処法

子供は下痢をすることがよくあります。子供はもともと便が柔らかく、食べ過ぎや消化不良などが原因で下痢になったり、免疫力が弱いので細菌やウイルスに感染することでよく下痢をします。

発熱がある、顔色が悪い、元気がないなどの下痢以外の症状があるときには早めに受診をしたほうがいいです。

対処法としては、下痢をしているときは、水分の補給が大切です。うすめの番茶やスポーツドリンクなどを量を少なくして、回数を多く与えます。

食事も消化がよく、お腹を冷やさないものを少しずつ回数を多くして与えます。治りかけのときは食欲があると思いますが、食べ過ぎてまた下痢にならないように注意します。

赤ちゃんの場合はお尻のケアも大切です。おむつをこまめに取り替えて、お尻を洗います。押さえるように水分をとり、ベビーオイルを塗っておきます。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク