本文へスキップ

子供 嘔吐

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > よくかかる病気 > 嘔吐

嘔吐

子供の嘔吐について

子供が嘔吐することがよくあります。赤ちゃんは胃の入り口の筋肉が未発達で弱いので、せき込んだり、大泣きしたときに嘔吐することがあります。

赤ちゃんがミルクを飲んだ後にダラダラと吐いたり、げっぷと一緒に吐いたりするのは問題ありませんが、発熱や下痢、腹痛などがある場合は、受診する必要があります。

嘔吐したときは、体力も消耗しているので、衣服はゆるめて体を楽にして、吐いた物が気道につまらないように横向きに寝かします。臭いで吐き気をもよおすので、服が汚れたら着替えさせたり、口をすすぐようにします。

嘔吐の後、吐き気が落ち着いたら、白湯や麦茶、乳幼児用のイオン水などで水分を補給します。まずは少量を与えて吐かなければ、また与えるようにします。

嘔吐や下痢が続くと、脱水症状が起こる心配があります。ぐったりしている、唇が乾く、皮膚がカサカサになる、尿が出なくなるなどの症状があるときには受診の必要があります。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク