本文へスキップ

咽頭結膜熱 プール熱 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > よくかかる病気 > 咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱(プール熱)について

咽頭結膜熱は、アデノウイルスが原因の感染症です。学校のプールなどを介して感染しやすいことからプール熱ともいわれています。

症状は、感染後4〜5日間の潜伏期間の後、突然、38〜40度の高熱が4〜7日間続きます。また、のどの腫れと結膜炎を伴います。頭痛や吐き気、腹痛、下痢などを伴うこともあります。

治療は、ウイルスに有効な薬はないので、発熱や結膜炎、のどの痛みなどに対する対症療法が中心になります。

発症後2週間程度は、他の人に感染する心配があるので、食器、洗面器などは共有しないようにします。また、プールから上がったときは、手洗い、うがい、洗眼をしっかりするようにします。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク