本文へスキップ

ヘルパンギーナ 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > よくかかる病気 > ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナについて

ヘルパンギーナは、乳幼児に多くみられる風邪の一種です。A群コクサッキーウイルスが原因で夏に流行します。

症状は、高熱が1〜2日間続き、のどの置くの粘膜に発疹や白いブツブツとした水疱が出来て痛みがあります。

ヘルパンギーナに対する有効な薬はないので、発熱やのどの痛みに対する対症療法が中心になります。のどの痛みがあるので、柔らかくて刺激の少ない食べものして、水分補給をすることが大切です。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク