本文へスキップ

赤ちゃん 鼻づまり

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > よくかかる病気 > 鼻づまり

鼻づまり

子供の鼻づまりについて

子供や赤ちゃんは、鼻の粘膜が敏感なので、ほこりなどを吸い込んで、よく鼻水を出します。また、鼻腔が狭いので鼻づまりが起こりやすくなっています。

鼻水が出ていても、元気で食欲があれば心配はありませんが、鼻がつまっていると口を開けて呼吸をするので、のどを痛めたり、風邪をひきやすくなる心配があります。

鼻づまりがひどいときには、鼻に蒸しタオルをあてたり、お風呂上りなどに鼻をかんだり、スポイトで吸い取るようにします。

鼻をかむときは、片方の鼻の穴をふさいで、片方ずつかむようにします。強くかみすぎると、鼻水が耳管に入り、細菌感染を起こして中耳炎になる心配もあります。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク