本文へスキップ

健康 体

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 健康な体をつくる

健康な体をつくる

健康な体をつくる

子供は、まだ免疫力が弱いので、よく風邪をひいたり、熱を出したりします。特に幼稚園などに行き始めて集団生活が始まるといろいろな病気にかかることが多くなり、心配になると思いますが、過保護になるのはよくないと思います。

家の中ばかりで遊ばないで、外で走り回って遊ぶようにすることが大切だと思います。まだ歩けないうちもベビーカーに乗せるなどして散歩するといいと思います。また、日中の暖かい時間には窓を開けて外気に触れるようにするのもいいと思います。

外に出て元気に遊ぶことで、外気に触れて皮膚やのどの粘膜が鍛えられ、免疫力や体の機能を高めていくことができます。日差しが強いときは、紫外線も心配なので帽子をかぶるようにして、袖のある服を着るようにします。

寒い冬でも子供は平気で外で遊びます。子供は大人よりも体温が高いので大人が少し寒いくらいならば子供は平気です。

子供はできるだけ薄着で過ごさせて、元気に外で遊ぶことで免疫力や皮膚が鍛えられて健康で丈夫な体に育てるようにするといいと思います。

ここでは、健康な体をつくるための知識について紹介させて頂きたいと思います。子供の健康管理のお役に立てて頂ければと思います。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク