本文へスキップ

循環器 心臓 血管 病気

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 病気の種類 > 循環器(心臓、血管)の病気

循環器(心臓、血管)の病気

循環器(心臓、血管)の病気について

循環器とは、酸素や栄養を運ぶ血液を全身に行きわたらせる役割をする器官のことです。血液を全身に送り出すポンプの役割をする心臓や血液の道筋として全身を巡っている血管により構成されています。

心臓は命の源ともいえる臓器なので、病気の診断を受けたときには、治療法や生活への支障など、いろいろな心配があると思います。

ここでは、心臓、血管などの循環器に関するいろいろな病気を紹介しています。病気の早期発見・早期治療のお役に立てて頂ければと思います。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク