本文へスキップ

事故 応急 処置

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故のときの応急処置

事故のときの応急処置

事故のときの応急処置について

赤ちゃんや子供は、好奇心がとても旺盛で、いろいろなものに興味を示します。また、大人には予想もつかない行動をしたり、遊びに夢中になったりして、思いもかけない事故を起こす危険があります。

小さい子供は、注意力も足りないので、事故に巻き込まれる危険もあります。子供が小さいうちは、親が目を離さないようにしたり、危険なものを身の回りに置かないように注意することが大切です。

子供の死因の1位は病気ではなく、不慮の事故によるものです。0歳では、窒息が多く、1歳以上になると交通事故、溺死が多くなります。

事故は未然に防ぐことが大切ですが、事故が起きたときも応急処置の方法などを知っていれば、慌てずに対応できると思います。

ここでは、いろいろな事故の予防や応急処置について紹介させて頂きたいと思います。思わぬ事故やトラブルが起きたときのお役に立てて頂ければと思います。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク