本文へスキップ

やけど 応急処置

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故の予防と応急処置 > やけど

やけど

やけどの応急処置

やけどをした場合には、すぐに患部を流水で冷やします。20〜30分は冷やすようにします。患部が流水で冷やしにくい場所の場合は、ビニール袋に氷を入れたり、氷水で冷やしたタオルなどを患部に当てて冷やすようにします。

やけどの重症度は、皮膚が赤くなる程度のものを1度、水ぶくれができる程度のものを2度、皮膚が白色や黒色に変色するものを3度と分類されます。

やけどの状態が3度のものや、やけどは軽症でも範囲が全身の10%以上と広い場合には、救急車を呼ぶようにします。

やけどの範囲の目安は、頭部が20%、片腕、片足がそれぞれ10%、胴体部の前面、後面がそれぞれ20%になります。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク