本文へスキップ

子供 誤飲

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故の予防と応急処置 > 誤飲

誤飲

子供の誤飲の応急処置

小さな子供は手にした物は何でも口の中に入れてしまうので注意が必要です。飲み込んでしまった物によっては、中毒を起こしたり、食道や胃の粘膜を傷つけたり、気道につまって窒息する危険や、肺炎を起こす心配もあります。

異物を飲み込んでしまったら、吐かせることが基本ですが、呼吸が苦しそう、顔色が悪いなどの症状がある場合や、異物が取れない場合は救急車を呼びます。

飲み込んだ物によっては、吐かせてはいけない物もあるので注意が必要です。マニキュアの除光液、漂白剤、トイレ用洗剤などは吐かせずに病院に連れて行きます。

飲み込んだ物を吐かせる場合は、水を飲ませて指で舌の奥を押し下げるようにして吐かせるようにします。

のどにつまらせた場合は、子供の腰を抱えて頭を下向きにするか、膝を立ててその上に子供のお腹をのせて、肩甲骨の間を平手で叩きます。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク