本文へスキップ

赤ちゃん 窒息

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故の予防と応急処置 > 窒息

窒息

赤ちゃんの窒息の予防

0歳の赤ちゃんの死亡事故では、窒息によるものが最も多くなっています。赤ちゃんの窒息事故は、日常生活いにおいて、ささいなことが原因で起こってしまうになる可能性があります。

寝返りのできない赤ちゃんをうつぶせに寝かせる、吐いたミルクが気道をふさいでしまう、添い寝をして母乳を与えていて、お母さんが寝てしまい乳房で窒息するなど、大人の不注意によって赤ちゃんを危険な目に遭わせてしまいます。

赤ちゃんの窒息事故を防ぐには、周りの大人が十分に気をつける必要があります。予防策としては、うつぶせに寝かせない、ミルクを吐きやすい赤ちゃんは横向きに寝かせる、周囲に柔らかいものを置かないようにするなどがあります。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク