本文へスキップ

すり傷 ラップ治療

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故の予防と応急処置 > すり傷

すり傷

すり傷の湿潤治療(ラップ治療)

子供にとって、すり傷は絶えないものだと思います。

これまでのすり傷の治療は、傷口を消毒して傷口を乾かすようにして治療されていたと思いますが、最近では傷口を乾かさないで治療する湿潤治療が主流になってきているようです。

湿潤治療は、ラップ治療ともいわれています。湿潤治療は、消毒をしないで湿潤状態を保つことで、人間の持つ自然治癒力を生かした治療法です。

まず、傷口を流水でよく洗います。消毒はしないでラップを傷口に貼り、その縁をテープでとめたり、包帯で固定します。ラップに白ワセリンを塗るとより効果的です。

夏は1日2回、冬は1日1回を目安に傷口を洗い、ラップを交換します。これを新しいピンク色の皮膚ができるまで繰り返します。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク