本文へスキップ

熱中症 予防

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故の予防と応急処置 > 熱中症

熱中症

熱中症について

熱中症は、高温多湿などのために起こる症状の総称です。大きく分けて熱失神、、熱疲労、熱けいれん、熱射病の4つがあります。

熱失神は、皮膚血管の拡張によって、血圧が低下して脳血流が減少することで起こります。めまいや失神などの症状があり、脈拍は速くて弱くなります。

熱疲労は、暑さにより汗を多量にかいて、脱水症状を起こし、水分も塩分も不足した状態です。体温は上昇して、皮膚は冷たく、発汗があります。

熱けいれんは、多量の汗をかいて水分は補給していても塩分が不足しているために、筋肉が収縮してけいれんを起こします。

熱射病は、体内に熱がこもり体温の上昇することで、中枢機能に異常をきたし、体温調整が出来なくなった状態です。死亡する場合もあるので、危険な状態です。

子供は、体温を調整する機能が未熟なので、注意が必要です。炎天下に外で遊ぶときは帽子をかぶる、子供を車の中に置き去りにしない、スポーツドリンクなどをこまめに摂るなどして、熱中症を予防することが大切です。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク