本文へスキップ

噛まれる

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 事故の予防と応急処置 > 噛まれる

噛まれる

噛まれた時の処置

犬や猫に噛まれたときは、傷口が小さいときでも傷口を石けんでよく洗い、水でていねいに洗い流すようにします。噛まれた傷は治りにくく、破傷風などの感染症の心配もあるので、すぐに外科を受診するようにします。

マムシやハブなどの毒蛇に咬まれた時は、すぐに救急車を呼ぶようにします。救急車を待っている間に、毒の広がりを防ぐために傷口より心臓に近い所を縛って、傷口を広げるようにして毒を吸出し、すぐに吐き出します。これを数回繰り返して行います。そして、傷口を心臓より低い位置に保ち、安静にしておきます。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク