本文へスキップ

皮膚 病気

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 病気の種類 > 皮膚の病気

皮膚の病気

皮膚の病気について

皮膚は、大きく分けて表皮、真皮、皮下組織の三つに分類され、それらが結合してできています。

表皮は、角質層で覆われていて日光を直接体内に入れないようにし、水分も通さない働きを持っています。また角質層は細菌の侵入を防ぎ、皮膚表面の皮脂膜は細菌の繁殖を防いでいます。

そして皮膚には体温を調節する役割もあり、外気温に反応して、血液の循環量や発汗の量を変化させて体温を一定に保っています。皮下組織には脂肪による体温の維持や保温、クッションの働きがあります。

ここでは、皮膚に関するいろいろな病気を紹介させて頂きたいと思います。病気の早期発見・早期治療のお役に立てて頂ければと思います。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク