本文へスキップ

麻疹(はしか)症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > 麻疹(はしか)

麻疹(はしか)

麻疹(はしか)について

麻疹(はしか)とは、麻疹ウイルスに感染することで起こる病気です。感染力が強く、空気感染します。せきやくしゃみで空気中に飛び散り、それを吸い込むことにより感染します。

感染して10〜12日間の潜伏期間があり、発熱、せき、鼻水などの風邪に似た症状がでます。コプリック斑という白い斑点が頬の内側にみられます。その後全身に赤いポツポツした発疹があらわれます。

ほとんどは7〜10日ほどで治りますが、気管支肺炎や脳炎などを合併することがあります。死亡する場合や神経に後遺症が残る場合もあります。

治療には、麻疹自体の薬はないので、症状に応じてせき止めや解熱剤などを使用します。安静にして体力の消耗を防ぎ、脱水症状を起こさないように水分の補給に気をつけます。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク