本文へスキップ

水疱瘡 予防接種

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > 水疱瘡

水疱瘡

水疱瘡について

水疱瘡とは、水痘ウイルスに初めて感染することによって起こる病気です。感染力は強く、せきやくしゃみで飛ばされたウイルスを吸い込んだり、水疱瘡にかかっている人の破れた水疱の液に触ることなどにより感染します。

感染して2〜3週間の潜伏期間があり、発症します。症状は、熱が出て赤い発疹が全身にあらわれます。赤い発疹は、水疱(水ぶくれ)になり、さらに膿疱(中心に膿を持った発疹)へ変わります。最後は黒いかさぶたになります。

治療は、健康な子供であれば自然に治ります。抗ウイルス剤を使用して症状を軽くすることもあります。症状にあわせた対症療法を行います。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク