本文へスキップ

おたふくかぜ 流行性耳下腺炎 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > おたふく風邪(流行性耳下腺炎)

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)について

おたふく風邪とは、ムンプスウイルスに感染することで起こる病気です。。正式には流行性耳下腺炎といいます。せきやくしゃみで飛ばされたムンプスウイルスを吸い込むことで感染します。

感染して2〜3週間の潜伏期間があり、発症します。症状は、発熱があり、耳の下が腫れてきます。片側だけ腫れる場合と両側とも腫れる場合があり、痛みもあります。腫れは1週間ほどで治ります。

治療は、おたふく風邪自体を治す薬はないので、熱や痛みを和らげる対症療法を行います。症状が軽くなるまでは安静にします。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク