本文へスキップ

百日咳 予防接種

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > 百日咳

百日咳

百日咳について

百日咳とは、百日咳菌に感染することで起こる病気です。せきやくしゃみで飛ばされた百日咳菌を吸い込むことで感染します。

症状は、感染して7〜10日後にせき、くしゃみなどの風邪と同じような症状から始まり、この状態が1〜2週間続き、その後せきが激しくなり、発病してから1ヶ月くらいは激しいせきが続くことが多いようです。

また、百日咳のせきは、コンコンコンと続けて出る特徴があります。顔が真っ赤になり、目が充血してくることもあります。嘔吐することもあります。

6ヶ月未満の赤ちゃんでは、無呼吸発作を起こすこともあり、肺炎や中耳炎、脳症などの合併症を起こすこともあります。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク