本文へスキップ

ジフテリア 予防接種

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > ジフテリア

ジフテリア

ジフテリアについて

ジフテリアとは、ジフテリア菌に感染することで起こる病気です。菌が感染する場所によって、鼻ジフテリア、咽頭ジフテリア、皮膚ジフテリアなどに分類されます。

咽頭ジフテリアはジフテリアの中で最も多く、発熱、のどが赤く腫れるのどの痛み、嘔吐、などの症状があります。

また、ジフテリアの特徴的な症状として感染すると3〜5日後にのどの粘膜にジフテリア菌の毒素がつくった白い膜ができます。

咽頭ジフテリアをこじらせると喉頭まで感染が広がり、せき、呼吸困難、窒息など起こす心配があります。

治療には、抗毒素血清療法や抗生物質療法などを行います。また、隔離入院が必要になります。

治療が遅れたりすると命にかかわることのある病気なので、予防接種は必ず受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク