本文へスキップ

破傷風 予防接種

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > 破傷風

破傷風

破傷風について 

破傷風とは、土のなかに生息している破傷風菌に感染することで起こります。傷口ややけどなどから感染します。

破傷風菌に感染すると、通常は3日〜3週間で発症し、首筋が張る、口が開きにくいなどの症状があらわれます。しだいに顔や首、背中の筋肉もけいれんし、腹部を突き出すように全身を弓なりにけいれんさせます。心臓や呼吸器に関する筋肉がけいれんすると死亡することもあります。

治療は、破傷風の毒素を中和するため破傷風免疫ヒトグロブリンの血清療法を行います。けいれんには抗けいれん剤を投与します。

発症したときの死亡率が高いので、怪我をした後に口が開きにくくなるなどの症状が出たら、すぐに病院で適切な処置をすることが大切です。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク