本文へスキップ

日本脳炎 症状

スポンサードリンク

知っておきたい子供の病気 > 予防接種 > 日本脳炎

日本脳炎

日本脳炎について

日本脳炎とは、主に日本脳炎ウイルスに汚染されたコガタアカイエカに刺されることよって感染します。東南アジアに多い病気です。日本でも全体に分布していますが、主に6〜10月に九州や四国を中心に多くみられます。

症状は、頭痛、高熱、吐き気、嘔吐などの初期症状に続き、意識障害、手足のけいれん、うとうと寝てばかりいるなどの症状があらわれます。

感染しても発症する割合は少ないのですが、発症すると特効薬はなく、患者の3割近くが死亡し、3割に知的障害や運動障害が残ります。

治療は、特効薬ははいので対症療法をおこないます。

スポンサードリンク


関連項目





当サイトについて

当サイトでは、子供の病気に関する知識や対処法などを紹介していきたいと思います。

特に乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。

また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるのではないでしょうか。

大切な子供のために病気についての知識を身に付け、適切な対処法を知っおくことは、大切だと思い、このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク